幹細胞を利用した拘縮した鼻・ブタ鼻・短い鼻の再手術、副作用を最小限し、満足度を高める

O&YOUNG_NEWS

[インタビュー: O&YOUNG美容外科 イ・ギュホ院長]

幹細胞を利用した拘縮した鼻・ブタ鼻・短い鼻の
再手術、副作用を最小限し、満足度を高める

2018/12/10

五感の中で嗅覚を担当する鼻は機能的にも非常に重要な役割をする同時に、審美的にもとても重要である。
鼻の形は個人によって違うが理想的な鼻の形というのは大きくは変わらない。

東洋人の鼻は鼻先が丸くて、鼻筋が西洋人より多少低くて、きれいな鼻の基準は西洋人のような鼻の形に近く、鼻の美容整形を通じて
自身の外見を改善しようとする人が多い。実は鼻の美容整形は美容整形手術の中で最も普遍化され、現在も多くの人が手術を受けている。

顔面でそれほど大きな比重を占めないが、鼻は顔面中心部に位置し鼻の形によって顔の印象が大きく左右される。問題は鼻の美容整形手術が
失敗して副作用が発生するということである。極端な鼻整形の副作用はプロテーゼが見えることや鼻の美容整形をした部位が壊死したり、
嗅覚の機能が多少喪失するなどであり、このような副作用はかなり致命的と考える。

これとともに、不満足な結果も副作用として見られる場合が多い。専門医とのカウンセリングの方向とは違う結果が出たり、
鼻孔の左右のサイズが違ったり、過度に鼻筋が高くなりすぎるなど、不自然で不満足的な結果は鼻の再手術が不可避となる。

鼻の美容整形の副作用が一般的に発生するのは拘縮鼻である。拘縮鼻は非常に不自然で、心理的にも萎縮される。
これとともに鼻の美容整形をしてからブタ鼻になった場合や、鼻が予想よりも短くなって短い鼻になるなど、
外見的な問題が発生する副作用は鼻の再手術につながる。

鼻の再手術は鼻の初手術よりもかなり難しい。間違った手術法や精密ではない方式で、すでに歪んだ鼻を再手術することは鼻の再建手術と
呼ばれるほど難しい。鼻の初手術の際に専門知識と臨床経験が豊富な美容整形外科で十分なカウンセリングを受けて手術を決定するのが
正しいが、鼻の再手術を行うべきであれば鼻の再手術で腕がいいところを調べるべきである。

O&YOUNG美容外科のイ・ギュホ院長は「鼻の再手術はかなり難しい手術である。美容整形手術の中で鼻の手術が
一般的に良く行われるだけに、副作用の事例もかなり多いため、韓国内の美容整形医療スタッフは様々な努力で鼻の再手術については絶えず研究してもっと良い方式の鼻の再手術を開発している。」と、「様々な鼻の再手術方法の中で幹細胞を利用した治療は非常に利点を
持っている。幹細胞治療は2-3週間2-3日の間隔に治療して経過を観察した上、再手術時期をはるかに繰り上げることができる。
幹細胞治療はこの再手術の時期を繰り上げるのが核心である」と伝えた。

O&YOUNG_NEWS

[インタビュー: O&YOUNG美容外科 イ・ギュホ院長]

がん細胞を利用した構築鼻、
獅子鼻、短い鼻の再手術、副作用を
最小限し、満足度を高める

2018/12/10

五感の中で嗅覚を担当する鼻は機能的にも
非常に重要な役割をする同時に、審美的にも
とても重要である。鼻の形は個人によって違うが
理想的な鼻の形というのは大きくは変わらない。

東洋人の鼻は鼻先が丸くて、鼻筋が西洋人より
多少低くて、きれいな鼻の基準は西洋人のような
鼻の形に近く、鼻の美容整形を通じて自身の
外見を改善しようとする人が多い。実は鼻の
美容整形は美容整形手術の中で最も
普遍化され、現在も多くの人が手術を
受けている。

顔面でそれほど大きな比重を占めないが、
鼻は顔面中心部に位置し鼻の形によって
顔の印象が大きく左右される。問題は鼻の
美容整形手術が失敗して副作用が
発生するということである。極端な鼻整形の
副作用はプロテーゼが見えることや
鼻の美容整形をした部位が壊死したり、
嗅覚の機能が多少喪失するなどであり、
このような副作用はかなり致命的と考える。

これとともに、不満足な結果も副作用として
見られる場合が多い。専門医との
カウンセリングの方向とは違う結果が出たり、
鼻孔の左右のサイズが違ったり、過度に
鼻筋が高くなりすぎるなど、不自然で
不満足的な結果は鼻の再手術が
不可避となる。

鼻の美容整形の副作用が一般的に
発生するのは拘縮鼻である。拘縮鼻は非常に
不自然で、心理的にも萎縮される。これとともに
鼻の美容整形をしてからブタ鼻になった場合や、
鼻が予想よりも短くなって短い鼻になるなど、
外見的な問題が発生する副作用は
鼻の再手術につながる。

鼻の再手術は鼻の初手術よりもかなり難しい。
間違った手術法や精密ではない方式で、すでに
歪んだ鼻を再手術することは鼻の再建手術と
呼ばれるほど難しい。鼻の初手術の際に
専門知識と臨床経験が豊富な美容整形外科で
十分なカウンセリングを受けて手術を
決定するのが正しいが、鼻の再手術を
行うべきであれば鼻の再手術で腕がいいところを
調べるべきである。

O&YOUNG美容外科のイ・ギュホ院長は
「鼻の再手術はかなり難しい手術である。
美容整形手術の中で鼻の手術が一般的に
良く行われるだけに、副作用の事例もかなり
多いため、韓国内の美容整形医療スタッフは
様々な努力で鼻の再手術については絶えず
研究してもっと良い方式の鼻の再手術を
開発している。」と、「様々な鼻の再手術方法の
中で幹細胞を利用した治療は非常に利点を
持っている。幹細胞治療は2-3週間
2-3日の間隔に治療して経過を観察した上、
再手術時期をはるかに繰り上げることができる。
幹細胞治療はこの再手術の時期を
繰り上げるのが核心である」と伝えた。

error: Content is protected !!