自然な胸の整形、あなたに合ったシリコンバックの選択が重要!

BRAUN_NEWS

[インタビュー: ブラウン美容外科イ・ジョンフン院長]

自然な胸の整形、あなたに合ったシリコンバックの選択が重要!

2019/01/10

「自己満足」あるいは「自己愛」が一つの消費トレンドになって以来、女性性の象徴とも言える胸の整形、特に豊胸整形に対する関心が
日増しに増加している。このように関心が高まっている中、豊胸整形に対する手術方法やシリコンバックも絶えず発展している。

豊胸手術は、大きくシリコンバックの挿入と脂肪移植に分けられるが、中でも手術後の胸の形に対する満足度が高いことで知られている
シリコンバックの豊胸手術が最も一般的だ。この手術で一番重要な要素は言うまでもなく、シリコンバックの選択である。
最近多く使用されているシリコンバックはラウンド、水滴、ベラゼルマイクロ、モティバなどがあり、その中でもしっかりした
ボリューム感がメリットであるラウンドシリコンバックと、自然な触り心地を誇る水滴シリコンバックのメリットを
全て合わせたベラゼル豊胸に対する選好度が最も高い。

ベラゼルマイクロは平均約400マイクロメーターの緻密で滑らかな表面構造で作られており、マイクロという名称に相応しく人体組織との
親和力が高く、どのような動きや姿勢にも実際の胸と類似したシルエットを維持することができる。

ここに凝集力が高く、粘弾性のコヒーシブジェルを原材料として使用しているので、手術時に人体に挿入することも容易であり、
手術後には柔らかい触り心地まで期待できる。たまに、ジェルでできているシリコンバックの耐久性を疑う場合もあるが、
ベラゼルは5重の保護膜で成り立っており、破裂と衝撃をより効果的に防止することができる。

ブラウン美容外科の豊胸整形専門医のイ・ジョンフン院長は”ベラゼルマイクロの場合、国内及びアジア女性の身体的な特徴を
研究・開発して作られたため、アジア女性の体型に合うシリコンバックの選択の幅が広い方だ”とし、”ただし、個人ごとに本来の胸の形や
皮膚の弾力度などの特性が異なるため、精密な検査を行い、最も自然な効果を出せる規格を慎重に選ばなければならない”と強調した。

豊胸整形は難易度の高い手術だ。胸が硬くなるカプセル拘縮や炎症などの副作用の危険を避けるためには、経験の多い豊胸専門医が
直接相談と執刀を行うことは必須。万が一の状況に備えて、専担の麻酔医や応急医療システムまで準備された病院を探すことが良い。

一方、ブラウン整形外科では、専門医との綿密な相談と詳細検診を通して手術方法及びシリコンバックの選択ができ、少数の病院のみで
利用可能なcrisalix3D仮想整形モデルを利用して、シリコンバックを挿入した後の本人の姿を直接確認できるプロセスで
豊胸整形の完成度を高めている。

BRAUN_NEWS

[インタビュー: ブラウン美容外科イ・ジョンフン院長]

自然な胸の整形、あなたに合った
シリコンバックの選択が重要!

2019/01/10

「自己満足」あるいは「自己愛」が一つの
消費トレンドになって以来、女性性の象徴とも
言える胸の整形、特に豊胸整形に対する関心が
日増しに増加している。このように関心が
高まっている中、豊胸整形に対する手術方法や
シリコンバックも絶えず発展している。

豊胸手術は、大きくシリコンバックの挿入と
脂肪移植に分けられるが、中でも手術後の
胸の形に対する満足度が高いことで知られている
シリコンバックの豊胸手術が最も一般的だ。
この手術で一番重要な要素は言うまでもなく、
シリコンバックの選択である。
最近多く使用されているシリコンバックは
ラウンド、水滴、ベラゼルマイクロ、
モティバなどがあり、その中でもしっかりした
ボリューム感がメリットである
ラウンドシリコンバックと、自然な触り心地を
誇る水滴シリコンバックのメリットを全て
合わせたベラゼル豊胸に対する
選好度が最も高い。

ベラゼルマイクロは平均約400マイクロ
メーターの緻密で滑らかな表面構造で
作られており、マイクロという名称に相応しく
人体組織との親和力が高く、どのような動きや
姿勢にも実際の胸と類似したシルエットを
維持することができる。

ここに凝集力が高く、粘弾性の
コヒーシブジェルを原材料として
使用しているので、手術時に人体に挿入する
ことも容易であり、手術後には柔らかい
触り心地まで期待できる。たまに、
ジェルでできているシリコンバックの耐久性を
疑う場合もあるが、ベラゼルは5重の保護膜で
成り立っており、破裂と衝撃をより効果的に
防止することができる。

ブラウン美容外科の豊胸整形専門医の
イ・ジョンフン院長は
“ベラゼルマイクロの場合、国内及び
アジア女性の身体的な特徴を研究・開発して
作られたため、アジア女性の体型に合う
シリコンバックの選択の幅が広い方だ”とし、
“ただし、個人ごとに本来の胸の形や皮膚の
弾力度などの特性が異なるため、精密な
検査を行い、最も自然な効果を出せる規格を
慎重に選ばなければならない”と強調した。

豊胸整形は難易度の高い手術だ。胸が硬くなる
カプセル拘縮や炎症などの副作用の危険を避ける
ためには、経験の多い豊胸専門医が直接相談と
執刀を行うことは必須。万が一の状況に備えて、
専担の麻酔医や応急医療システムまで準備された
病院を探すことが良い。

一方、ブラウン整形外科では、専門医との綿密な
相談と詳細検診を通して手術方法及び
シリコンバックの選択ができ、少数の病院のみで
利用可能なcrisalix3D仮想整形モデルを
利用して、シリコンバックを挿入した後の
本人の姿を直接確認できるプロセスで
豊胸整形の完成度を高めている。

error: Content is protected !!