顔面非対称、 韓方医院治療による原因把握で早い回復が可能

▲ 写真 : ミオル 韓方医院江南店 イム・ヨンソク院長

顔面非対称、 韓方医院治療による原因把握で早い回復が可能

2019/02/14

左右の目鼻立ちが対象でない顔面非対称は、現代人にとって解決すべき大きな宿題として立ちはだかっている。顔面非対称とは眉毛、目、
頬骨、唇、顎のライン、鼻などの形や位置が変化し、左右のバランスが合わない場合のことを言う。単純に外的な問題も発生するが、
口を開けるとき、痛みが発生したり、摩擦音が生じるなど、機能的な問題を起こす場合があるので、さらに深刻である。

その中でも顔面非対称の90%以上が属している、関節の問題として起きる関節性非対称は、片方の足を組む習慣、片方で横になって
眠る習慣、片方でのみ食物を噛む習慣、片方で頬杖をつく習慣など、悪い姿勢や習慣によって発生する。
そのため、手術的な方法ではなく、非手術的な方法で治療することが最も効果的な方法だ。

しかし多くの治療方法は関節の構造的な問題にだけ焦点を当てる場合が多く、関節性非対称をしっかりと治療するためには体系的な知識に
基づいた正確な診断が必要だ。

ミオル漢方院江南店 イム・ヨンソク院長は「顔面非対称の治療は関節と筋肉の構造的な問題と共に皮膚表層の問題をすべて
改善しなければならない。」「それらの治療を可能にするためには、関節矯正のための矯正治療、推拿(指圧)治療、薬針治療、
皮膚の表層治療するための埋線治療など、韓方医院で生活習慣の改善を通して負担の少ない治療ができる
韓方治療を進めることが良い。」と伝えた。

更に「顎関節の問題は単純に顎のみならず、頚椎や脊椎、骨盤の構造と形態に大きな関係性があり、正確な診断を通じて
全身を診る治療を行うことが重要だ。」と付け加えた。

顔面非対称を矯正するためには顎関節、筋肉、筋膜、皮膚、体系を矯正し、症状を早く改善することが重要であり、治療および生活習慣を
同時に改善する事で再発を最小化できるため、正確で繊細な治療を行うことが必要だ。

▲ 写真 : ミオル 韓方医院江南店 イム・ヨンソク院長

顔面非対称、 韓方医院治療による
原因把握で早い回復が可能

2019/02/14

左右の目鼻立ちが対象でない顔面非対称は、
現代人にとって解決すべき大きな宿題として
立ちはだかっている。顔面非対称とは眉毛、
目、頬骨、唇、顎のライン、鼻などの形や
位置が変化し、左右のバランスが合わない
場合のことを言う。単純に外的な問題も
発生するが、口を開けるとき、痛みが
発生したり、摩擦音が生じるなど、
機能的な問題を起こす場合があるので、
さらに深刻である。

その中でも顔面非対称の90%以上が
属している、関節の問題として起きる
関節性非対称は、片方の足を組む習慣、
片方で横になって眠る習慣、片方での
み食物を噛む習慣、片方で頬杖をつく
習慣など、悪い姿勢や習慣によって
発生する。そのため、手術的な
方法ではなく、非手術的な方法で
治療することが最も効果的な方法だ。

しかし多くの治療方法は関節の構造的な
問題にだけ焦点を当てる場合が多く、
関節性非対称をしっかりと治療するためには
体系的な知識に基づいた正確な診断が必要だ。

ミオル漢方院江南店 イム・ヨンソク院長は
「顔面非対称の治療は関節と筋肉の
構造的な問題と共に皮膚表層の問題を
すべて改善しなければならない。」
「それらの治療を可能にするためには、
関節矯正のための矯正治療、推拿(指圧)
治療、薬針治療、皮膚の表層治療するための
埋線治療など、韓方医院で生活習慣の
改善を通して負担の少ない治療ができる
韓方治療を進めることが良い。」と伝えた。

更に「顎関節の問題は単純に顎のみならず、
頚椎や脊椎、骨盤の構造と形態に大きな
関係性があり、正確な診断を通じて
全身を診る治療を行うことが重要だ。」と
付け加えた。

顔面非対称を矯正するためには顎関節、
筋肉、筋膜、皮膚、体系を矯正し、
症状を早く改善することが重要であり、
治療および生活習慣を同時に改善する事で
再発を最小化できるため、正確で
繊細な治療を行うことが必要だ。

error: Content is protected !!