頬骨縮小再手術前のチェック事項は?本人に合った手術法を選択すべき

[インタビュー : ブラウン美容整形外科 キム・テギュ代表院長]

頬骨縮小再手術前のチェック事項は?本人に合った手術法を選択すべき

2019/03/15

凸凹と飛び出た頬骨を縮小する頬骨縮小術は、全体的な輪郭を改善し、細く綺麗な顔のラインを作ることが出来る。
それだけでなく顔の立体感を作り、若く見え、女性らしい印象を得ることが出来る。このような素晴らしい効果を求め、
実際に頬骨縮小術への需要が高まっている。
 
シャープで洗練されたVラインの顔型が美の基準となり、頬骨縮小術のような輪郭手術が以前よりも美容整形手術において
一般的となりつつある。しかし、頬骨縮小、エラ削りのような輪郭手術は多くの神経が位置する骨を整える手術であり、
骨を過度に切除したり、本人に合わない手術法で行った場合、皮膚のたるみや不癒合等の副作用が発生する恐れがある。
 
このような副作用の外にも、手術前と比較して効果が少なく、自身が満足できない場合、再手術を検討することがある。
 
このように多様な原因で再手術をするかどうかを悩んでいる場合、以前の手術の失敗の原因を正確に分析し、不十分な点を補完できるよう、慎重に決定しなければならない。特に再手術の場合、最初の手術と比べて難易度が上がるため、注意が必要だ。
 
専門家たちは、頬骨縮小再手術を行うかどうか悩んでいるのであれば、必ず多様な事例に経験のある専門的な医療陣の
手術を受けることを勧める。
 
画一化された手術法では、頬骨縮小術の代表的な副作用である頬のたるみの予防が難しい。人によって違う筋肉、皮膚の厚さ、
骨の形を正確に把握し手術を行わなければならない。以前の事例の失敗原因を正確に分析し、本人に合った手術法を選択し、
慎重に再手術を施行すれば、良い結果が得られるだろう。
 
これに対し、最近開院した美容整形外科では、頬がたるむ現象等の頬骨縮小術における副作用を改善するための方法として、
リフティング3D頬骨回転術が注目を集めている。既存の頬骨縮小術は単純に頬骨を短くしたり、内側に押し込むため縮小効果が少ない。
頬のたるみや不癒合のような副作用が発生する可能性があるのであれば、リフティング3D頬骨回転術は既存の頬骨縮小術とは違い、
頬骨を骨折した後、分離した頬骨を内側及び上方向に回転させ、固定する方法で手術を行う。
 
最小剥離で手術を行い、頬骨を上に回転させるとき、皮膚と筋肉を上に引いてあげるため、頬がたるむ現象を予防することができ、
また回転を通じて縮小する頬骨を密着させて完璧に固定し、手術後に広がったり元に戻ったりしてしまう短所を克服出来る。
一方で、手術に従って副作用が発生する可能性があるという点は明確に認知し、十分なカウンセリングと診断が先行されなければならない。
 

頬骨縮小再手術前のチェック事項は?
本人に合った手術法を選択すべき

2019/03/21

凸凹と飛び出た頬骨を縮小する頬骨縮小術は、
全体的な輪郭を改善し、細く綺麗な顔のラインを
作ることが出来る。それだけでなく顔の
立体感を作り、若く見え、女性らしい印象を
得ることが出来る。このような素晴らしい
効果を求め、実際に頬骨縮小術への
需要が高まっている。
 
シャープで洗練されたVラインの顔型が
美の基準となり、頬骨縮小術のような
輪郭手術が以前よりも美容整形手術において
一般的となりつつある。しかし、頬骨縮小、
エラ削りのような輪郭手術は多くの神経が
位置する骨を整える手術であり、骨を過度に
切除したり、本人に合わない手術法で
行った場合、皮膚のたるみや不癒合等の
副作用が発生する恐れがある。
 
このような副作用の外にも、手術前と比較して
効果が少なく、自身が満足できない場合、
再手術を検討することがある。
 
このように多様な原因で再手術をするかどうかを
悩んでいる場合、以前の手術の失敗の原因を
正確に分析し、不十分な点を補完できるよう、
慎重に決定しなければならない。
特に再手術の場合、最初の手術と比べて
難易度が上がるため、注意が必要だ。
 
専門家たちは、頬骨縮小再手術を行うかどうか
悩んでいるのであれば、必ず多様な事例に
経験のある専門的な医療陣の手術を
受けることを勧める。
 
画一化された手術法では、頬骨縮小術の
代表的な副作用である頬のたるみの予防が難しい。
人によって違う筋肉、皮膚の厚さ、骨の形を
正確に把握し手術を行わなければならない。
以前の事例の失敗原因を正確に分析し、
本人に合った手術法を選択し、慎重に再手術を
施行すれば、良い結果が得られるだろう。
 
これに対し、最近開院した美容整形外科では、
頬がたるむ現象等の頬骨縮小術における
副作用を改善するための方法として、
リフティング3D頬骨回転術が注目を集めている。
既存の頬骨縮小術は単純に頬骨を短くしたり、
内側に押し込むため縮小効果が少ない。
頬のたるみや不癒合のような副作用が発生する
可能性があるのであれば、リフティング
3D頬骨回転術は既存の頬骨縮小術とは違い、
頬骨を骨折した後、分離した頬骨を内側及び
上方向に回転させ、固定する方法で手術を行う。
 
最小剥離で手術を行い、頬骨を上に
回転させるとき、皮膚と筋肉を上に
引いてあげるため、頬がたるむ現象を
予防することができ、また回転を通じて
縮小する頬骨を密着させて完璧に固定し、
手術後に広がったり元に戻ったりしてしまう
短所を克服出来る。一方で、手術に従って
副作用が発生する可能性があるという点は
明確に認知し、十分なカウンセリングと診断が
先行されなければならない。
 
error: Content is protected !!