失敗したハート鼻整形、 鼻の再手術に熟達した美容整形外科での診断が必須

[O&YOUNG(オーアンドヤング)美容整形外科のイ・ギュホ院長]

失敗したハート鼻整形、 鼻の再手術に熟達した美容整形外科での診断が必須

2019/03/11

美容整形手術の中でも最も一般的で、良く利用する鼻の整形は、最初の手術がとても重要だ。顔の中心部に位置している鼻は、
審美的に見たとき顔全体のバランスを司どり、顔の立体感にも大きく関わります。
 
機能的な面においても鼻はとても重要な役割を果たします。嗅覚を担当する器官である鼻は、匂い、香りを区分するだけでなく、
味覚にも大きな影響を与えるためである。
 
鼻の美容整形は、2つに分類される。それは審美的な効果を期待する目的と、治療の目的であるが、治療目的の場合は、曲がった鼻、
非対称な鼻、小鼻の先があまりにも下に降りていて不便を感じる場合等を、改善することが出来る。
 
鼻についての審美的な基準はさほど難しくなく、西洋人のような鼻になりたいと言う方が多いが、東洋人の多くは西洋人に比べ鼻先が丸く、鼻筋が低い。従って理想的で美しい鼻を望む方々が鼻の美容整形手術を受けるということだ。
 
上記で申し上げたように、鼻の美容整形はごく一般的な手術だが、非常に高い技術が要求される手術で、同時に副作用が起こる
可能性が大きい手術でもある。鼻の美容整形に失敗すると、審美的、機能的な副作用が起こりうる。鼻の美容整形後、曲がったり、
鼻先が上に持ち上げられる等の審美的な副作用がある一方で、嗅覚の神経を誤った手術の場合、嗅覚に支障が生じる等の
機能的な副作用が起こる可能性もある。
 
このような場合、鼻の再手術を受けることになるが、鼻の再手術は最初の美容整形手術よりも、よりややこしく、複雑な過程が
必要となる。勿論、最初の鼻の美容整形に熟達した病院で、正確な診断を受けた後に手術を進行することが最も望ましいが、
副作用による鼻の再手術を行わなければならない場合、これもまた鼻の再手術を得意とする美容整形外科を探さなければならない。
 
O&YOUNG美容整形外科のイ・ギュホ院長は、”鼻の美容整形において最も大きな副作用は拘縮鼻だ。拘縮鼻は、普通のプロテーゼや
軟骨を入れて鼻筋を高くする鼻の美容整形において最も多く発生するが、突然鼻筋が曲がる現象が起きる事が最も多い。
時間が経つにつれ次第に状況が悪くなり、これは鼻の機能的な部分にも影響を与える可能性がある。酷い場合は鼻の組織が
怪死することもある”と言い、”もし鼻の美容整形後に拘縮鼻が疑われるようであれば、鼻の再手術について臨床経験が豊富でノウハウのある鼻の再手術が有名な病院に行くことを勧める”と話した。
 
イ・ギュホ院長は、”鼻の再手術とともに最初の鼻の美容整形手術がとても重要だ。鼻先が丸い豚鼻や鼻筋が低い場合、
鼻の穴がハート型である場合、鼻孔の位置を調整し、端整で綺麗な鼻に改善することが出来る。鼻の美容整形と鼻の再手術は
改善しようとする部分を正確に伝え、精密な診断を受けることが最も重要だ”と締めくくった。
 

[O&YOUNG(オーアンドヤング)美容整形外科の
イ・ギュホ院長]

失敗したハート鼻整形、鼻の再手術に
熟達した美容整形外科での診断が必須

2019/03/11

美容整形手術の中でも最も一般的で、
良く利用する鼻の整形は、最初の手術が
とても重要だ。顔の中心部に位置している鼻は、
審美的に見たとき顔全体のバランスを司どり、
顔の立体感にも大きく関わります。
 
機能的な面においても鼻はとても重要な
役割を果たします。嗅覚を担当する器官である
鼻は、匂い、香りを区分するだけでなく、
味覚にも大きな影響を与えるためである。
 
鼻の美容整形は、2つに分類される。
それは審美的な効果を期待する目的と、
治療の目的であるが、治療目的の場合は、
曲がった鼻、非対称な鼻、小鼻の先が
あまりにも下に降りていて不便を感じる
場合等を、改善することが出来る。
 
鼻についての審美的な基準はさほど難しくなく、
西洋人のような鼻になりたいと言う方が多いが、
東洋人の多くは西洋人に比べ鼻先が丸く、
鼻筋が低い。従って理想的で美しい鼻を望む
方々が鼻の美容整形手術を受けるということだ。
 
上記で申し上げたように、鼻の美容整形は
ごく一般的な手術だが、非常に高い技術が
要求される手術で、同時に副作用が起こる
可能性が大きい手術でもある。
鼻の美容整形に失敗すると、審美的、
機能的な副作用が起こりうる。鼻の美容整形後、
曲がったり、鼻先が上に持ち上げられる等の
審美的な副作用がある一方で、嗅覚の神経を
誤った手術の場合、嗅覚に支障が生じる等の
機能的な副作用が起こる可能性もある。
 
このような場合、鼻の再手術を
受けることになるが、鼻の再手術は
最初の美容整形手術よりも、よりややこしく、
複雑な過程が必要となる。勿論、最初の
鼻の美容整形に熟達した病院で、正確な診断を
受けた後に手術を進行することが最も望ましいが、
副作用による鼻の再手術を行わなければならない
場合、これもまた鼻の再手術を得意とする
美容整形外科を探さなければならない。
 
O&YOUNG美容整形外科のイ・ギュホ院長は、
”鼻の美容整形において最も大きな副作用は
拘縮鼻だ。拘縮鼻は、普通のプロテーゼや
軟骨を入れて鼻筋を高くする鼻の
美容整形において最も多く発生するが、
突然鼻筋が曲がる現象が起きる事が最も多い。
時間が経つにつれ次第に状況が悪くなり、
これは鼻の機能的な部分にも影響を与える
可能性がある。酷い場合は鼻の組織が
怪死することもある”と言い、”もし鼻の
美容整形後に拘縮鼻が疑われるようであれば、
鼻の再手術について臨床経験が豊富で
ノウハウのある鼻の再手術が有名な
病院に行くことを勧める”と話した。
 
イ・ギュホ院長は、”鼻の再手術とともに
最初の鼻の美容整形手術がとても重要だ。
鼻先が丸い豚鼻や鼻筋が低い場合、
鼻の穴がハート型である場合、鼻孔の位置を
調整し、端整で綺麗な鼻に改善することが出来る。
鼻の美容整形と鼻の再手術は改善しようとする
部分を正確に伝え、精密な診断を受けることが
最も重要だ”と締めくくった。
error: Content is protected !!