安全な無プロテーゼ鼻整形、副作用の心配が減少

[写真:ブラウン美容外科 キム•グィラク代表院長]

安全な無プロテーゼ鼻整形、副作用の心配が減少

2019/03/13

少しでも綺麗に、ポジティブな第一印象を与えるために選択される美容整形手術。自身の美容のために美容整形手術を選択するが、
手術する上で最も基本的な条件は安全さだ。最近シリコン、ゴアテックスのような人工プロテーゼに代わる自家組織を使用した
無プロテーゼの鼻整形の人気が高まっている。
 
無プロテーゼの鼻整形というのは、その名の通り人工のプロテーゼではない軟骨や真皮等の自家組織を利用して鼻筋を高くしたり、
鼻先の形を作る手術方法だ。それにより、人工プロテーゼを挿入する際に生じることがある炎症や拘縮鼻などの副作用が発生する
可能性を最小化することが出来る。
 
人口プロテーゼを利用する場合には手術結果を予測しやすく、比較的手術が簡単だ。しかし人工プロテーゼに対して抵抗がある場合、
既にプロテーゼによる副作用を持っていて再手術を悩んでいる場合、皮膚が薄くプロテーゼが透けて見えることが懸念される場合には
自家組織を利用した鼻整形を選択することが出来る。
 
しかし無プロテーゼの鼻整形の場合、自家組織を採取する量が限定的で、採取と加工の過程で高い難易度が要求されるため、
熟練した専門医の手術を受けることが重要だ。
 
鼻の美容整形手術において最も重要なことは自分に合った材料を探すこと、最善の結果を得ることが出来る手術方法、
該当医療陣の技術力とノウハウだ。このような条件を綿密に把握した上で十分な相談を通じて手術を決定すれば、安全で成功的な
手術結果を得ることが出来る。
 
鼻の美容整形の際、各材料によって特性が違い、長短所が存在するため、自分に適合する手術は何かをよく考えなければならない。
相談と治療過程で3D–CT機器のような先端機器を利用する場合、体系的な手術計画を立てるために役立つ。
 
更に該当病院の麻酔科医師の常駐可否や、安全システムを把握し、代理手術の可否を把握することも安全な手術を受けるための一つの方法だ。
 
一方で、自身に合わない手術方法や専門性の不足した医療陣の場合、手術後の炎症や異物感、痛み等の副作用が発生する可能性があるため、
留意しなければならない。

[写真:ブラウン美容外科 キム•グィラク代表院長]

安全な無プロテーゼ鼻整形、
副作用の心配が減少

2019/03/13

少しでも綺麗に、ポジティブな
第一印象を与えるために選択される
美容整形手術。自身の美容のために
美容整形手術を選択するが、手術する上で
最も基本的な条件は安全さだ。
最近シリコン、ゴアテックスのような
人工プロテーゼに代わる自家組織を使用した
無プロテーゼの鼻整形の人気が高まっている。
 
無プロテーゼの鼻整形というのは、
その名の通り人工のプロテーゼではない
軟骨や真皮等の自家組織を利用して
鼻筋を高くしたり、鼻先の形を作る手術方法だ。
それにより、人工プロテーゼを挿入する
際に生じることがある炎症や拘縮鼻などの
副作用が発生する可能性を
最小化することが出来る。
 
人口プロテーゼを利用する場合には
手術結果を予測しやすく、比較的手術が簡単だ。
しかし人工プロテーゼに対して抵抗がある場合、
既にプロテーゼによる副作用を持っていて
再手術を悩んでいる場合、皮膚が薄く
プロテーゼが透けて見えることが
懸念される場合には自家組織を利用した
鼻整形を選択することが出来る。
 
しかし無プロテーゼの鼻整形の場合、
自家組織を採取する量が限定的で、
採取と加工の過程で高い難易度が要求されるため、
熟練した専門医の手術を受けることが重要だ。
 
鼻の美容整形手術において最も重要なことは
自分に合った材料を探すこと、最善の
結果を得ることが出来る手術方法、
該当医療陣の技術力とノウハウだ。
このような条件を綿密に把握した上で
十分な相談を通じて手術を決定すれば、
安全で成功的な手術結果を得ることが出来る。
 
鼻の美容整形の際、各材料によって
特性が違い、長短所が存在するため、
自分に適合する手術は何かをよく
考えなければならない。相談と治療過程で
3D–CT機器のような先端機器を利用する場合、
体系的な手術計画を立てるために役立つ。
 
更に該当病院の麻酔科医師の常駐可否や、
安全システムを把握し、代理手術の可否を
把握することも安全な手術を受けるための
一つの方法だ。
 
一方で、自身に合わない手術方法や
専門性の不足した医療陣の場合、
手術後の炎症や異物感、痛み等の副作用が
発生する可能性があるため、
留意しなければならない。
error: Content is protected !!