拘縮鼻手術、美容整形外科の選択と医療陣のノウハウが重要 !

拘縮鼻手術、美容整形外科の選択と医療陣のノウハウが重要 !

2019-04-26

最近、結婚、就職シーズンにより美容整形手術に対する関心が高まっている。その中でも顔全体のイメージと印象を左右する鼻は、小さな手術のみでも大きな変化を感じることが出来る部位で、自身の外見コンプレックスを改善しようと多くの方が医学的な提案を考慮している。しかし、十分なカウンセリングと正確な手術法を考慮せずに急いで無理に進行した美容整形手術は、副作用を起こす可能性がある。過度に大きなサイズのプロテーゼを使用したり、プロテーゼが透けて見えたり、炎症及び拘縮鼻等、多様な副作用を引き起こしかねない。その中でも拘縮鼻は鼻の再手術率を高める原因の一つだ。

 

拘縮鼻は、人工のプロテーゼを使用して鼻筋を過度に高くする過程で組織損傷及び炎症が発生することで、プロテーゼと組織間の癒着がうまくいかず、傷組織が原因となって鼻が硬くなり、持ち上げられる現象が起こります。従って再手術を進行する際には硬くなった傷組織を除去し、軟骨と組織の柔軟性を十分に確保しなければならないが、その過程で医療陣の熟練したノウハウが重要となる。既存のプロテーゼ除去と同時に炎症を引き起こす異物質、組織間の癒着を発見し、まず剥離し、新しく顔の形に合った鼻のデザインを進行します。自身の顔の比率に合った鼻の高さと形、ライン全てを考慮して1人1人に合った再手術を行わなければならない為、豊富な経験と安全システムを持つ美容整形外科を選ぶことが重要だ。

 

拘縮鼻の再手術は最初の手術の副作用の原因と、満足いかなかった理由から計画し、より慎重に手術を進行する病院と手術方法を考慮し、更に自身に合った再手術時期を考慮しなければならない。初手術後、最少6ヶ月から1年の間を推薦するが、個人によって拘縮鼻の発生による炎症可否等の違いがあるため、丁寧に確認しなければならない。拘縮鼻の再手術を考慮するなら、個人の持つ鼻の特性と皮膚のタイプがそれぞれ違うため、手術後の拘縮、出血、感染等の副作用を全て考慮し、美容整形外科専門医との十分なカウンセリングを進行した後に行わなけれならない。

 

拘縮鼻の再手術は1回目の鼻整形に比べて回復が遅いことがあり、手術後の注意事項に従って手術後のダウンタイム期間は手術部位への刺激を避け、飲酒、喫煙は控えるべきで、炎症に対して徹底した注意が必要だ。過度な運動及びサウナも控えなければならない。

[写真 : ソウルクイーン美容整形外科イム・ジョンテク院長]

error: Content is protected !!