母乳授乳に影響を与える胸の整形、バック選択の注意点は?

母乳授乳に影響を与える胸の整形、バック選択の注意点は?

胸はスタイルにおいて重要な比率を占める部位の一つであり、実際に胸が小さい場合全体的にボリューム感が無く、貧弱に見えることがある。これを克服するために補正下着やダイエット、運動などで貧弱な胸を改善しようと努力をしても、このような方法では限界がある。そのため多くの人々が根本的な原因を改善しようと胸の美容整形を考える。胸の整形とは、バックを挿入して胸の形やボリュームを改善する手術であり、垂れて小さい胸、両方の大きさが異なる場合、審美的に満足していないの場合などに適応が可能である。

 

胸の整形の際、切開部位は大きく脇、乳輪の周り、胸下の線などに分けられ、個人の状態や好む手術法によって切開部位が異なってくる。胸の整形の場合はバックを身体内に挿入する手術であるため、本人の特徴を十分に反映してカウンセリングと手術を行う必要がある。特に胸の整形は、出産後に母乳授乳にも影響を与えるため、熟練した胸の整形専門医に手術を受けることが望ましい。

 

胸の整形の基本となる条件は自然な触り心地と形である。このためには、臨床経験の多い胸の手術の専門医療陣に検査とカウンセリングを受ける必要がある。最近はバックの種類が多様になり選択範囲も広まった。バックを選択する際は、自分の身体条件と好むスタイルについて十分に考えた上決めるのが望ましい。尚、正品認定を得た製品なのか、安全性テストが十分かどうかを綿密に調べる必要がある。

 

このように最近は胸の整形が一般化され、豊胸手術に使われる保形物も多様になったが、それだけ自分に適したバックを探すことも難しくなった。バックの選択によって結果が変わりうるため、専門家との十分なカウンセリングを先に行わなければならない。

[ブラウン美容外科イ・ジョンフン院長]

error: Content is protected !!