365mc、ビッグデータを基盤に‘脂肪吸引後、体重減量予測システムを稼働

脂肪吸引手術及び肥満治療に特化した医療機関である365mcは、膨大な肥満治療データをもとに、脂肪吸引手術及び施術結果を事前に教える‘体重減量予測システム’を稼働した。体重減量予測システムは、469万件に及ぶ肥満治療件数と、年2万件におよぶ脂肪吸引手術件数等、365mcが16年間積み重ねた肥満研究・治療のビッグデータを基盤にしている。

体重減量予測システムを通じて顧客は個々人の 年齢、身長、体重、性別、手術(施術)部位、手術(施術)経験、体重変動幅、食習慣、運動習慣、飲酒習慣等、肥満治療に影響を与える多様な要因に従って、体重減量の程度をすぐに予測出来る。

ビッグデータ基盤の結果予測システムは、個別患者データが持っている多様な要因をマシーンラーニングを通じて学習させ、最も類似した事例を探しだして治療結果を手術(施術)前にあらかじめ教えられる。

これを通じて顧客は不必要な手術(施術)をせずに済み、より良い治療結果を得る為の要素をあらかじめ知るようになることで体重減量の役に立つ。365mc代表院長協議会のキム・ハジン会長は、“超顧客満足の為に多様なシステムを適用する過程で、何よりも顧客の不安な気持ちを減らすことが重要だと判断し、体重減量予測システムを稼働することになった”“脂肪吸引手術や脂肪吸引注射ラムス施術後結果を教えるまで短くて1ヶ月、長くて2ヶ月あまりかかっていた時間を繰り上げることで、顧客の不安を減らしより良い肥満治療結果を出すことが出来るだろう”付け加えた。

365mcはこれからも肥満治療・予防・予測に対して医学技術を開発する内部組織であるイノベーションラップをより強化し、データを分析・活用し、マシーンラーニングを通じて多様な超顧客満足システムを完成させる計画だ。

error: Content is protected !!