立体感を活かす胸整形、早い回復が可能だが医療陣とのカウンセリングが重要!

立体感を活かす胸整形、早い回復が可能だが医療陣とのカウンセリングが重要!

最近本格的に気温が上がり洋服も段々薄くなっていますが、これは身体の管理に対しての関心度が上がり、バカンス、休暇シーズンを控えてボリューム感のあるボディーラインを作る意味でもある。形成外科専門医によると最近はボリューム感がありながらも自然な胸の整形の為に病院を探す患者数が増えているようだ。夏に備えるなら時期的に今が適している。胸の整形時多く使用されるプロテーゼでは、既存の短所を補完したモティバ、ベラジェル等マイクロテクスチャー型のプロテーゼ等がある。

 

ファン・ドンヨンNANA美容外科院長(写真)は、“Full HD内視鏡を使用した胸整形は、精密で安全な手術を進行できる”とし、“神経と組織の損傷を最少化し、出血や副作用を予防相手早い回復を誘導できる”と説明した。加えて“最近好評を得ている胸の整形は、手術当日に退院が可能で、日常生活に早く復帰が出来る”と話し、“実際のバランスを考慮して体型に合う適格なボリューム感を作り、丸く豊満な曲線美を作ることが出来る胸整形の専門病院を選択することが重要だ”と締めくくった。

 

また“プロテーゼを利用した胸の整形時、皮膜拘縮や胸の非対称、切開部位の傷跡等の副作用が起こる可能性がある為、医療陣との十分なカウンセリングの後に手術を進行しなければならない”とまとめた。

[助言:NANA美容外科 ファン・ドンヨン院長]

error: Content is protected !!