拘縮鼻整形には幹細胞脂肪と鼻腔下げの平行療法が必須

拘縮鼻整形には幹細胞脂肪と鼻腔下げの平行療法が必須

東洋人の鼻は、西洋人よりも鼻筋が低い場合が多い。高くスッと上がり、顔全体と調和した鼻の形を望むのは誰でも同じ。現在美しい美貌は競争社会においても重要であり、鼻整形を通じてイメージ改善を図る需要が年々高まっている。鼻整形は頻繁に行われるだけあって、関連技術が発展する反面、副作用事例も増加している。

過去、鼻筋を高めたり小鼻の不足を満たしてあげる鼻整形ではプロテーゼの挿入が主とされていた。しかし、最近では自家軟骨を移植する鼻整形が人気を集めている。自家軟骨移植が難しい場合にはプロテーゼを挿入する鼻整形を行うこともある。

鼻整形の代表的な副作用は拘縮鼻だ。拘縮鼻とは挿入されたプロテーゼに問題が発生し、プロテーゼが入った周辺が壊死したり、プロテーゼが変形し、鼻が過度に持ち上がり、鼻の形全体が崩壊する等様々な現象が発生することを言う。拘縮鼻は、始めに発生する際には大したことないが、時間が経つに連れて状態が深刻化した後、病院を訪れる場合が多い。もし拘縮鼻が疑われる場合には、すぐに美容整形外科を訪問し、正確な診断を受けなければならない。

O&YOUNG美容外科のイ・ギュホ院長は、“拘縮鼻は最初の鼻整形よりもかなり難しい。既に崩壊している状態で来院される患者様の場合、複雑な拘縮鼻整形で復元しなければならないが、症例があまりにも多様な為、個人に適合した手術を進行しなければならない”と説明した。

イ院長はまた、“拘縮鼻は、大概皮膚の壊死と同時に発生するため、幹細胞治療で壊死した皮膚を治療し、同時に崩壊したプロテーゼを除去し、その上で安全な新しいプロテーゼや自家軟骨を挿入して鼻の形を整える。更に上に上がった鼻腔を下げる鼻腔下げを並行し、元々の鼻の形の回復に注力する”と説明した。

これは“拘縮鼻が発生すること自体が残念なことだが、既に発生した拘縮鼻を最も適した方法で治療することが医療陣の役目”とし、“個人別に適した治療方法で手術を行うために、1:1での個別カウンセリングが必要であり、特に拘縮鼻手術は臨床経験の豊富な病院で治療を受けることを推薦する”と付け加えた。[助言:O&YOUNG美容外科 イ・ギュホ院長]

error: Content is protected !!