童顔整形‘切開リフト’医療陣の選択が重要!

童顔整形‘切開リフト’医療陣の選択が重要!

人は誰しも歳を重ねるに連れ、老化が進む。老化が始まると、薄かったシワが歳月を物語るように段々と深いシワに変わり、眉間、額、口等の多様な顔の部位からシワが表れる。このような顔の皮膚の老化は皮膚層だけでなく、皮膚内側のスマース層も同じように進行するため、顔の弾力低下、たるみ等を避けられない。特に本格的に老化が始まる40~50代には全般的な顔のシワと弾力を失った肌の改善のために機能性化粧品の使用などの管理をするが、皮膚の老化は個人的な管理だけでは根本的な改善を対することが難しい。これによって皮膚の老化を根本的に改善するために童顔整形の一つである切開リフト術を代案として考慮する場合が多い。

 

切開リフト術の場合、悩んでいる部位に従って手術方法が変わるが、下顔面部挙上、中顔面部挙上に分けられる。下顔面挙上の場合顎骨の上に位置する皮膚を引き上げてシワを緩和させる方法で、頬のたるみと口元のシワを改善できる。中顔面部挙上は、頬骨の上の皮膚を引き上げる方法で、深いほうれい線のシワや前頬のたるみの改善が期待できる。

 

普通、切開リフトは口元のシワや顎のラインのゆるみ、頬のたるみに悩んでいる場合は、既存の両顎手術及び輪郭手術後、頬のたるみに悩んでいる場合、より若々しい顔になりたい場合、効果が長く続く手術を希望される場合等、多様に適応可能な手術だ。しかし、切開リフトは他の顔の手術よりも剥離する面積が広く、出血の可能性が高い為、顔の神経の解剖学的な構造を認知してこそ、手術を安全に行うことが出来る。

 

また、手頃な価格、過大広告のような断片的な情報だけに頼り、熟練度が不足した美容整形外科を選ぶ場合が或る。これは、再手術となる可能性が高い為、注意が必要だ。そのため、臨床経験とノウハウが豊富な医療陣から手術を受けることが重要で、十分な経験とノウハウを持った専門医との個別カウンセリングを通して皮膚の状態、肌タイプ等を考慮した慎重な手術を進行しなければならない。

[助言:THEPLAN美容整形外科 パク・ジュンヒョン院長(医学博士)]

 

error: Content is protected !!