両顎手術、口腔顎顔面外科の専門医を通じて咬合、顔の形に合わせて進行しなければ

両顎手術、口腔顎顔面外科の専門医を通じて咬合、顔の形に合わせて進行しなければ

良く美しい顔の条件で、明るく綺麗な肌と一緒に洗練された顔立ちが挙げられるが、顔の骨格が全体的なバランスと調和している場合、美しさがより拡大化される。その中でも‘顎’は形によって人々の印象を決定する重要な部位だ。上顎と下顎の咬合が出来ている顎は、洗練されて童顔に見えますが、突出口やしゃくれ顎、無顎や非対称の場合等は、機能的な面だけでなく、美的にも影響を与える。これを改善する方法として上顎と下顎を正しく矯正する両顎手術を考慮することが出来る。

 

両顎手術は上顎と下顎の骨を安全に分離した後、正常咬合を形成できるよう移動させて固定する高難度な手術だ。従って顔の骨、歯列、顎関節に対する専門知識が基盤となっていれば、顔の骨のバランスを保ち、歯列の咬合を合わせて機能をを回復させるのは勿論のこと、顔の形まで改善出来る。

また、個々人の症状と顔の特性を考慮して進行することも重要だ。手術を執刀する専門医の技術力と美的感覚は勿論、患者に対する関心と理解が十分になければ、自身が望むイメージに合った満足のいく手術結果を得られることが出来ないからだ。

 

患者によって適用できる両顎手術方法が変わってくるため、本人にどんな手術が効果的なのか知る為に、必ず正確な診断を進行しなければならない。従って、精密な診断結果をもとに本人の顔の形と咬合状態に最も適合した方法を指示できる口腔顎顔面外科の専門医を見つけることが重要だ。

 

両顎手術は難易度が高い手術である為、副作用の可能性を下げる為には、両顎の症例写真や両顎手術のレポ、費用のみを比較するよりは、優れた安全装備システムを持っているか、歯列矯正と専門医との体系的な協力診療が行われているか等を丁寧に確認しなければならない。両顎手術はむくみ、炎症、感覚定価等の一般的な外科的処置による副作用が起こることがある。従って、副作用を予防するためには両顎手術の前後症例写真比較、費用以外にも専門医が伝達する注意事項を熟知し、疑わしい症状が発生した場合初期に来院して診療を受けることが重要だ。

 

 

[助言:EU口腔顎顔面外科シン・ヒジン代表院長]

error: Content is protected !!