二重再手術、原因を把握後にイメージ改善すべき

二重再手術、原因を把握後にイメージ改善すべき

二重手術は、人のイメージを決める重要な要素として最も多く進行される整形手術の一つに挙げられる。 他の美容整形手術に比べて費用負担が少なく、比較的簡単ながらも回復が早いという長所を持っているが、無分別な手術によって不満を感じる事例も増えており、格別な注意が必要だ。まず、二重まぶたの再手術で最も重要なのは”失敗の原因”を正確に分析することだ。 再手術の最も大きな原因となる”ソーセージ目”は手術後二重線の下で皮膚が膨れ出る症状をいう。 外観上、目が厚く腫れていて不自然な印象が見られる場合、再手術を通じて二重まぶたを矯正することができる。 初手術の仕方が切開式で行われたのか、埋没法で進められたのかによって再手術の方法が異なる。

‘ソーセージ目’だけでなく、時間が経つにつれ形が変わってしまった場合、二重のラインが薄いもしくは厚い場合、二重ラインの対称が合わない場合、二重が緩んでいる場合等、1次的な問題点を正確に把握した後に美容整形外科専門医の助言によって自身に向いている再手術を受ければ、後悔のない結果を得ることができる。 ただ、二重の再手術は目の組織が安定するという6ヵ月から1年が過ぎた後に進行が可能であり、 特に最近二重手術を受けた場合、切開手術を並行するケースが多いため、個人の目の状態によって再手術可能な時期が変わる可能性がある。そのため必ず美容整形外科の専門医とのカウンセリングを通じて手術を行うか決めなければならない。

[助言:ジュエリー美容外科 ユン・ヨンイル院長]

error: Content is protected !!