鼻整形、単純に鼻のみ高めるのではなく、顔の特性を考慮しなければ

鼻整形、単純に鼻のみ高めるのではなく、顔の特性を考慮しなければ

顔の中央に位置する鼻は、顔のバランスを掴む中心で、立体的なラインの審美的な側面と、嗅覚や呼吸など、機能的な側面を同時に持つ重要な役割を果たす。 過去の鼻整形は、単純に鼻を高くすることに重点を置いていたが、最近では自然でありながら個人の顔に合わせて鼻筋と鼻先の高さのラインを重要視している。

人によって顔の形、鼻の形、肌タイプ等が異なるため、個人の状態によって手術方法は変わらなければならない。顔全体の調和とバランスを考慮せず手術を行った場合、顔とのバランスが合わず、不自然な印象に映りかねないからだ。関連医療陣は、”多様な鼻の型の中で’低い鼻’とは鼻が低くて顔が平らに見えたり、全体的に顔の立体感がなかったり、または鼻先が丸く低い鼻のことを言い、低い鼻整形で矯正することが可能だ。 低い鼻の整形は隆鼻術とも呼ばれ、よく行われている鼻の整形の一つで、かつては単純に高い鼻が多く好まれたが、最近は個人の顔の特性を考慮して手術を進めるのがカギだ”と伝えた。

‘低い鼻の整形’を選択するに先立って、3D-CTの立体的な分析結果をもとに、鼻先と鼻先を合わせてデザインを行う。 皮膚や軟部組織に対する理解度の高い熟練した美容整形外科の専門医との十分なカウンセリングを行うことが重要であり、鼻は個人に合わせてデザインし、プロテーゼで高めて鼻の先は軟骨を利用して自然なラインを作らなければならない。

 

個人の鼻の形に合わせず、無条件にプロテーゼで高めた場合、副作用及び再手術の可能性が高まる為、個人の鼻に対する正確な診断と分析で鼻の長さと高さを顔に比例させ、全体的にバランスが取れていることが重要だ。また、手術後の副作用及びむくみ、痛症又は再手術防止のため、病院の安全システムとアフターケアシステムが構築されているかを明確に確認し、‘低い鼻整形’を行うか慎重に選択することを推薦する。

[助言:ウォンジン整形外科 パク・ウォンジン代表院長]

error: Content is protected !!