しゃくれ及び突出口、両顎手術を望むなら口腔顎顔面外科専門医の診断が重要

しゃくれ及び突出口、両顎手術を望むなら口腔顎顔面外科専門医の診断が重要

=骨格性の不正咬合に該当するしゃくれ顎、突出口、顔面非対称、無顎等は、咀嚼機能を邪魔することは勿論、発音障害等の日常生活に大きな不便を与え、外見的なコンプレックスを抱かせる主要原因にもなりうる。特にしゃくれは、下顎が上顎に比べて発達し、前に出ている状態を指します。

 

これに対して、曲がった顎の骨の構造と機能を改善するための手術がより大衆的に行われている。その中でも最近は、不正咬合の程度が深刻な場合、根本的な問題を改善することの出来る両顎手術がより積極的に紹介されている。

上顎と下顎、顎先等、顔の骨の位置を変える両顎手術は、機能的な部分と審美性を合わせた手術だ。顎の位置と程度に従って、初期固定力が優秀なSSRO(上顎枝矢状分離術)、顎関節の疾患に長所のあるIVRO(下顎枝垂直切骨術)を適用することが出来る。2つの両顎手術方法は、骨切りと固定方式に違いがあり、各々長短所を持っているため、個人の状態、症状、目標等を慎重に考慮して手術方法を決定しなければならない。

従ってしゃくれ、顔面非対称、長い顔、無顎、突出口の傾向のある方は両顎手術を考慮する際、本人にどんな手術が効果的かを知るために、正確な診断を受ける必要がある。精密診断結果を基に、本人の顔の形と咬合状態に適合した手術方法を提示できる口腔顎眼目園外科の専門医を訪ねることが良い。

一方、専門家たちは“両顎手術は上顎と下顎の骨を安全に分離した後、正常咬合が形成できるよう移動させ、固定させる手術だとし、‘しゃくれ手術など、両顎手術が高い難易度を誇る手術であるため、顔の骨及び顎の骨の位置、歯列の咬合等を十分に考慮することが重要だ。

 

合わせて、顎の部位には多くの神経と血管が複雑に密接しているため、多様な副作用及び危険が発生する恐れがある。そのため、しゃくれ手術及び突出口手術の前に病院選択時には口腔顎顔面外科の専門医が責任を持って執刀し、持続的に安定した結果を出しているのか、安全な環境で手術を行っているか、手術後のアフターケアシステムが体系的に構築されているのか等をチェックし、両顎手術の病院を選択することが賢明である。

[助言:EU口腔顎顔面外科キム・ジョンユン代表院長]

error: Content is protected !!