“夏休みの間にVラインの顔になりたいなら、‘逆V字骨切り術”を提案

“夏休みの間にVラインの顔になりたいなら、‘逆V字骨切り術”を提案

夏が始まり、大学生たちは夏休み、社会人には休暇シーズンが待っている。その間に休息や旅行を計画している方もいるが、その一部は夏休みシーズンを迎えて、容姿改善のために美容整形外科や皮膚科を訪れることもある。これは最近、社会の雰囲気が小さく細長いVラインの顔型をより好み、社会生活や対人関係において容姿が重要視されているためだ。そのため、相対的に輪郭のバランスが合わず顎が長すぎる、もしくは短すぎる場合、自己肯定感の向上と外見コンプレックス改善のために輪郭術などの医療サービスを代案として考慮することがある。

 

しかし、輪郭手術は神経が広く分布している顎、すなわち顔面部で進める高難度の手術であるため、決して簡単に決めてはならず、形成外科の専門医との深いカウンセリング後に決めなければならない。美容整形外科の専門医は、”輪郭手術の際、個人が持っているそれぞれ異なる顔の骨の構造と特性を把握した後、徹底した分析と検査を通じて手術の方向を決めなければならない”とアドバイスした。そのためには必ず個々人の症状に合わせて適用が可能な手術法を選択しなければならず、顔の比率に合わせて一定量の顎の先を切除し、両顎先をVラインに整えれば満足度の高い効果が期待できる”と付け加えた。

 

従来施行されていた輪郭手術法である” T字骨切り術”は、手術範囲が広く下顎神経の位置が低い場合には行うことが難しく、事例によっては追加手術が必要である等、短所が提起されてきた。これに対して最近はこうした短所の大部分改善した”逆V字骨切り術”を勧める傾向にある。

“T字骨切り術”の場合縮小効果が小さく、形がぎこちなく副作用が発生する可能性がある部分が致命的な短所であるのに対し、” 逆V字骨切り術”は神経線が低い場合でも損傷なく安全な手術が可能であり、顎先の長さと広さを効果的に減らすことができる。”逆V字骨切り術”を利用してVライン手術を行う場合、顔の正面と側面を同時に自然で細長い顎のラインに改善することができる。

それだけでなく世界的な学術誌であるPRS(Plastic and Reconstructive Surgery Global Open)に“逆V字骨切り術を利用したVラインエラ顎手術”に関する論文が掲載され、その結果を立証している。一方、輪郭の場合、慎重に手術を選択しなければ個人によっては手術後の炎症や感染などの副作用を招きかねず、必ず注意が必要だ。安全な輪郭整形のために豊富な手術経験を持つ専門医と十分なカウンセリングと丁寧な診断を通じて慎重に手術を決めなければならない。

 

[助言:ブラウン美容外科キム・テギュ代表院長]

error: Content is protected !!