夏、ボディーラインを美しくする胸整形の需要増加

蒸し暑い夏のシーズンが始まると、夏休みの休暇でビキニを着たときに美しいスタイルになる為、胸整形に悩む人々が増えている。夏に合わせて胸手術のレポや胸整形のレポを探す人も多く、多くの人々が”胸の手術”で有名な病院を訪れ、急いでカウンセリング予約を行っている。

女性にとって胸は、美しいボディラインを表す最も重要な要素だ。広くて平たかったり、貧弱な形の胸は、女性の自信を無くす原因にもなりうる。そのため、豊満なボリューム感と弾力ある胸のラインを作るために努力する人々が増えている。

胸整形時、最も重要な点は、個人の体型と比率に合うサイズを考慮したデザインで手術しなければならないという点だ。特に自然で弾力が十分にある胸を作ってこそ、手術後の満足度が高くなる。

一方、無条件に胸のサイズを育てるのに集中し、芸能人や有名SNSスターなどのスタイルを真似しようとした場合、結果は全く満足できないかもしれない。その理由は、自分の体型との差が深刻なため、胸の再手術を受ける事例も少なくないためだと指摘する。

特に胸手術は最近、胸の脂肪移植から幹細胞の胸整形やしずく型の胸整形など、多様な方法で開発され、より安定的で自然な効果が期待できるようになった。そのため、これらの手術方法の長所・短所や自分に適用可能かどうかなどをきちんと確認しておく必要がある。

また、胸手術に適用するバックの種類も多様で、特徴も異なるため、胸の手術の上手な病院で専門的な知識を備え、熟練した医療陣の正確なカウンセリングを通じて丁寧に調べてから病院を選んだ方が良い。

胸整形後、自身が考えていた胸のサイズと実際の手術後に作られた胸のサイズが異なることがある。自分が思っていたボリュームより小さすぎたり、過度に大きくても満足度が下がることがあり、胸の再手術につながりかねない。自分が考えたボリュームや形になるためには。美容整形外科の専門医とのカウンセリング時、手術後の胸の形をあらかじめチェックするのが失敗しない胸の手術ができる方法だ。

これに関連して、グロービー美容整形外科では、ナム・サンジェ院長と直接シミュレーション補正ブラを利用して、希望する全てのバックを試着出来るボリュームシミュレーションを実施している。

また、胸整形は個人によって手術後の痛みや胸の非対称などの副作用が発生する可能性もあるため、これを最小化できるように手術を行う病院及び手術の執刀医療陣も慎重に決めなければならない。

 

[助言:グロービー美容整形外科 ナム・サンジェ院長]

error: Content is protected !!