非オープン型鼻整形、行う前に注意しなければならない点は?

[ 助言:ソウルクイーン整形外科 キム・ジンジュン院長 ]

人の鼻は呼吸や発声、嗅覚に需要な働きの出来る身体的な部位であるだけでなく、顔の全体的な印象にも大きな影響を及ぼす。顔の中央に位置し、比較的小さな変化だけでもイメージが大きく変わるためだ。従って、多くの方々が鼻整形を選択している。

しかし、鼻整形を行う際に発生する恐れのある傷跡及び不自然さを恐れ、手術をためらうケースがあるが、最近はこのような理由で鼻を開放せず、表に傷跡が残らない非オープン型鼻整形を探す方が増えている。

非オープン型の鼻整形は、両側の鼻の穴を鼻柱(鼻の軌道)を横切る方法で切開を行うオープン型鼻整形とは違い、非オープン型鼻整形は両側の鼻の内側を最少切開し、切開線が鼻の内側に残る為、鼻の手術後、外側に傷跡が残らない。

手術後、回復の負担が小さく、炎症及び副作用が発生する確率も低いという大きなメリットが、非オープン型鼻整形が人気を集めている理由である。鼻筋及び鼻先を自然に高めるために、人為的に高めていた既存の鼻整形よりはるかに自然な結果を得られる。

また、非オープン型鼻整形の場合、切開部位が最少化されるため、手術中に発生する可能性のある出血の問題や、手術後発生する恐れのある炎症及び副作用が発生する危険性も低くなったと言える。従って、非オープン型鼻整形は、鼻手術後発生する恐れのある副作用によって鼻整形を行うか悩んでいる方々が選択するのに適した手術方法だと言える。

しかし、非オープン型鼻整形は単純な手術ではなく、オープン型鼻整形に比べて視野の確保が十分ではないため、医療陣の技術とノウハウがとても重要な手術だ。顔の最も中心に位置する部位を直接扱う手術である為、手術に対する理解度が高く、多様な経験とノウハウを持った医療陣の手術を受ければ、より安全な鼻整形手術を行うこと出来る。

より自然な鼻整形手術を行いたいなら、非オープン型鼻整形が助けになる。

鼻整形手術は、鼻の美的な部分だけでなく、機能的な部分まで同時に考慮しなければならない。従って、手術前に専門医との十分なカウンセリングを通じて自身に適合した鼻手術が行える病院を選択することが、最も満足のいく結果を得ることが出来る方法だ。

error: Content is protected !!