“二重術の傷跡解決、目の再手術、皮膚のキメ、目の形を考慮しなければ”

[ 助言:アイニーク美容外科 ヤン・へウォン院長 ]

目元は人の印象を決定する重要な要素のうちの一つと言える。そのため、爽やかな印象を作る為に二重手術を探す場合がある。

自然な二重は、皮膚のキメによって生じるシワで、目の手術時目を開けたり閉じたりする際に皮膚のキメによって二重のラインをデザインすれば、自然な目元を完成できると専門医は説明する。もし、これを考慮せずに二重ラインを作れば、傷跡が生じるこがあるということだ。

ヤン・へウォン アイニーク美容外科院長は、“二重は過度に高いところに固定したり、目を開く筋肉である上眼瞼挙筋の筋肉に直接固定すれば、二重が深くなる”と言い、“この場合、ラインの下側の皮膚が引っ張られ、外側のラインと高さの差が生じるが、これによって陥没傷ができ、瞼が二重によってめくれ上がる上瞼の外反減少も発生する”と説明した。

院長は、“これを解決するためには、目の再手術を通じて原因を特定し、再び自然な二重ラインを作らなければならない”とし、“初手術から6ヶ月程度が過ぎた後、再手術を受けることが良いが、手術直後の、まだ傷跡が硬く、治っていないので手術が難しいためだ”と明らかにした。

しかし”もし症状が深刻で、日常生活が不可能なら、すぐに来院して診断を受けた後、期間に関係なく手術を受けることが良い”と助言した。

目の再手術は初手術による副作用を解決し、もう一度自然なラインを作らなければならないため、医療陣の選択が重要である。皮膚組織が大きくソン施用している状態である程、繊細な技術が要求される。ヤン院長は“目の再手術関連の医療陣の経験、診療システム、経過によるアフターケアシステム等を丁寧に比較することが良い”と締めくくった。

error: Content is protected !!