胸全体を美しく魅せる❤グロービー美容整形外科の乳頭整形とは?

日本でも韓国でも人気の手術として知られている豊胸術は、胸整形の代表的な手術と言えます。スタイルアップさせる豊胸術は、外からも大きく変化が分かる手術です。しかし、胸整形の中には、目立たないけど確実に悩みを解決してくれる「乳頭整形」があります。今回は小さな変化だけど、気持ちには大きな変化をもたらす乳頭整形についてお伝えしようと思います。

胸とピッタリのバランスを叶え大きさと形に矯正

乳頭整形には、陥没乳頭、乳頭縮小等があります。先天的に乳頭が外に出ておらず、中に埋まっている陥没乳頭である場合、美観的な問題だけでなく、出産後母乳の授乳の際にも問題が発生する可能性があります。反対に、乳頭が大きすぎたり長い場合には、乳頭縮小術でバランスの取れた形に矯正することが出来ます。

陥没乳頭の場合、乳腺組織から分泌される乳汁の排出が円滑ではない為、炎症の危険性があり、手術によって胸の衛生的な面を保つことが出来ます。

陥没乳頭とは、先天的に乳頭が内側に埋もれている症状を言います。韓国の女性の約3%程度が陥没乳頭の症状を持っており、乳頭の分泌物が中に挟まったり、匂いがする可能性もある為、炎症及び乳頭炎が発生することがあります。

乳頭が非正常的な大きさである場合や、下に垂れている場合に、適切な大きさの綺麗な乳頭に矯正する手術方法です。大体直径が1㎝、高さが7㎜前後が正常なあ乳頭の大きさです。

グロービー美容整形外科の乳頭整形の特別な点

01:陥没乳頭、乳頭縮小手術後、授乳が可能
02:陥没乳頭、乳頭縮小手術を通じて、機能と美しさを同時に叶える
03:安全で正確な手術
04膨らんだ乳頭で全体的に美しい胸のラインが完成

[ 症例写真 ]

[ 形成外科専門医 ナム・サンジェ院長 ]

形成外科専門医医学博士
大韓形成外科学会終身会員
大韓美容整形学会正会員
国際形成外科学会正会員
大韓形成外科学会脂肪整形研究会active member

error: Content is protected !!