術後のたるみを防止!輪郭手術は、切開リフトを同時に行うことで、より大きな効果が得られます!

切開リフトにおいての豊富な経験を持ち、名医として知られているザプラン美容整形外科のパク・ジュンヒョン院長先生。今回は、そんな院長先生の紹介と、輪郭手術と同時に切開リフトを行うとより満足度の高い結果を得られる理由についてご紹介しようと思います!

輪郭手術は、術後に頬がたるみやすい?

小さくて滑らかな顔のラインを手に入れるために、輪郭手術を受ける方が増加しています。輪郭手術は骨を削る大きな手術ですが、確実な小顔効果を得るために多くの方が選択する手術でもあります。しかし、滑らかなで柔らかな顔のラインを得るために行う輪郭手術が、術後に頬のたるみを引き起こす方も増えています。

輪郭手術後の切開リフトが必要な方

・骨は小さくなったが、皮膚がたるんでしまった方

・輪郭手術後、顔の印象が変わった方

・頬骨縮小後の頬のたるみがある方

・顎先手術後の口角のたるみがある方

・輪郭手術の効果が小さい方

輪郭手術を行っても、顔のラインを考慮せず、過度に削られた場合、頬のたるみ減少が発生することがあります。むしろ顔の全体的なラインを凸凹とさせ、老け顔に見える要因にもなりかねません。輪郭手術後の頬のたるみに悩む方は、切開リフトによって改善が可能です。また、ザプラン美容整形外科では輪郭手術と切開リフト、どちらも上手なびょういんであるため、同時に行うことでたるみが発生せず、輪郭手術のより大きな効果を実感することが出来ます。

輪郭手術後の頬のたるみを改善するため、切開リフトを行う場合、むしろ輪郭手術より小顔効果が大きいことがあります。たるんだ肉を引き上げることで、滑らかな顔のライン整理を通じて、より細い顔のラインは勿論、小さな顔の形まで手に入れることが出来ます。

切開リフトの症例写真

切開リフトの名医、ザプラン美容整形外科のパク・ジュンヒョン院長先生!

プランのある美容整形のはじまり、切開リフトの名医パク・ジュンヒョン院長!

ザプラン美容整形外科のパク・ジュンヒョン代表院長は、豊富な経験とノウハウをもとに、難しい手術の一つである切開リフト術も丁寧に正確に行います。切開リフト術は、個人に合った適切な方法で手術を計画した後に行われます。皮膚だけを引き上げるのではなく、筋膜を聞知した後に、脂肪と筋膜などの軟部組織を復元しまもたらします。

error: Content is protected !!