EU口腔顎顔面外科に聞く!突出口、受けるなら突出口手術OR 両顎手術?

日本人の方に多いと言われる、突出口(口ゴボ)。突出口を改善する手術として思い浮かぶのが、突出口手術や両顎手術。今回はその二つの違いをご説明します!

突出口手術と両顎手術の違いとは?

両顎手術は、上顎と下顎の骨切りし、計画した位置に移動させた後、固定する手術です。

不正咬合を伴う突出口の際に適用できる手術です。

突出口手術(ASO)は、突出した、犬歯の後ろにある小さな奥歯を抜糸し、その空間に歯茎の骨と歯を押し込むことで、問題を解決する手術です。主に、歯茎が突出している場合に適用します。

の根本的な再生を助けるPRPとコラーゲンの結合によるシナジーを適用し、弾力とボリュームを同時にカバーする上、皮膚トーンの改善も助けます。また、時間が経つにつれPTPが持つ多量の成長因子が自家コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成し、PRPとアテロコラーゲンの結合によって、皮膚のバランスが良くなります。

実際の症例

ケース:第一印象が可愛らしい外見の患者様で、過去に他院で輪郭手術(エラ、頬骨)の経験がありましたが、まだ顔のエラが残っており、太った印象が残っているため、これを改善するために来院されました。

ソリューション:突出口と長い顎があると診断され、歯列の前後関係と咬合は良好であるため、現在の咬合を維持したまま両顎手術と輪郭の再手術(Vライン手術)を行うことになりました。唇の力を抜くと口が閉まらない、長い顎の典型的な症状を持っていました。人中の長さと手術後のスマイルラインを考慮して、上顎の垂直的な縮小量を決定し、額、目、耳など手術後変化しない部分を基準にし、突出口の程度を評価して、手術後にくぼまないように、自然な口元になるように診断しました。額、鼻、上唇、下唇、顎先の比率を合わせてより女性らしい童顔な顔になるように診断しました。最初はあ小強敵で自信のない姿でしたが、手術後、段々積極的に稲荷、活発になられた方でした。

ケース:突出口を改善するために矯正歯科に来院され、歯茎の突出による非手術的な改善は難しいとの診断を受けた後に当院に来院された患者様です。

ソリューション:突出口だけなく、不正咬合と歯茎の露出に対する治療が必要だったため、手術方法は突出口手術よりは両顎手術で計画することになりました。手術前に咬合の状態を見て、先手術の実施に無理がない状態と判断し、先手術を行うことにしました。結果的には患者様、医師全員が満足出来る結果となり、患者様は健康な日常を送られています。

EU口腔顎顔面外科の両顎手術の特別な点

・顔の骨の構造を良く知る口腔顎顔面外科

・患者様の症状に合わせた手術方法(SSRO、IVRO)を適用可能

・機能面は勿論、外見のバランスも考慮した手術

・手術後の体系的なアフターケア

・歯科矯正科の専門医との体系的な協力診療が可能

多くの方が、EU口腔顎顔面外科は、骨の写真まで綺麗だと仰って下さいます。

これは、顔の骨の構造と機能に対する正確な理解がある為可能なことです。

EU口腔顎顔面外科の両顎手術の症例写真

error: Content is protected !!