[ABKビューティーチャレンジ]その整形、本当に必要?

2020年が始まって早1ヶ月。

年明けは時間が過ぎるのが本当に速い👀!!!

時間を効率的に過ごしたいですね…😳

突然ですが、皆さんが美容整形を決意する理由って…?

気になる結果は下記Twitterをご覧ください!

ツイッターでのアンケート結果、

長年抱えていたコンプレックスを解消するために、

美容整形を決意した方が多い結果となりました。

コンプレックスとは?

写真:ソウルクイーン美容整形外科

コンプレックスは、他人と比べた際に、自分の不足している点について

持つ場合が多いですよね。

ここを、こんな風に改善したい!こうだったらもっと可愛いのに

自分が不足していると思う部分を、手術で

改善するのではないかと思います。

「可愛い」って、人それぞれ。

少し前にTwitterで話題になった画像をもとにご紹介しようと思います。

アメリカのフォトグラファー兼ジャーナリスト「Esther Honig」が行った、

世界各国の「美人の定義」比較。

方法は、世界各地で働くフリーランサーに自分の写真を送り、

「私の写真をフォトショップで加工して、美しく変身させて!」

というものです。

その結果…?

オーストラリアの美

ドイツの美

インドネシアの美

パキスタンの美

イギリスの美

アメリカの美

いかがでしたか?

国によって、美しいと思うメイクはもちろん、

肌の色、骨格まで大きく違うことが分かりますよね。

ここまでとは言わなくても、他人が自分を見るときと

自分が自分を見るときで、

どこを綺麗だと感じるのかは、大きな差があることがわかります。

 

自分を客観的に見て、自分の今持っている美しさに

注目することで、必要のない整形

避けられるかもしれません。

美容整形手術を受けなきゃ!

と急ぐ前に、自分に必要な手術と必要のない手術

きちんと考える必要があります。

この部分は、実は長所なのでは?

この部分は、メイクで十分カバーできるのでは?

そんな風に考え直してみて

自分の良さに気づくのも良いのではないでしょうか。

ABKビューティーチャレンジVol.1

その整形、本当に必要?

ABKを利用して、綺麗になって、幸せになってほしい!

そんな思いはもちろんあります。

でも、必要のない美容整形によって

皆さんがむしろ辛い思いをするよりは、

ABKを利用しないことをお薦めします。

 

これからABKが行う「ABKビューティーチャレンジ」

では、美容や美容整形、幸せについて考える

様々な企画をご用意します。

今回は第1回!

✨ABKと一緒に、整形とは?この手術、絶対にしなきゃいけないかな、を

もう一度考えてみませんか?✨

ABKは皆さまが美容整形を通じて綺麗になり

より幸せになって欲しいと願っているので、

「「必要のない手術は勧めません。」」

美容整形は、「幸せになるための手段の一つ」 

そんな風に考えています。

一度考え直してみて、それでも

美容整形を通じて綺麗になりたい。

このコンプレックスだけは絶対に治したい。

そう思ったら、

是非ABKまでご連絡いただけると嬉しいです💕

error: Content is protected !!