[美容整形基礎講座]韓国の美容外科で使われる鼻整形の種類とは?

今日は、鼻整形の基礎的な種類についてお伝えしようと思います!

韓国での鼻整形の部位の分け方は、日本の美容外科の分け方と少し異なるため、

そのせいで望んでいない手術が行われてしまったり、

カウンセリング時に誤解が生じることがあります。

基礎的な部位について知っておくことで、

鼻整形の再手術を防ぎ、理想の鼻を手に入れましょ♡

韓国で、鼻の整形はこのような種類に

分けることが出来ます👀

良く行われる種類としては、

鼻フル→鼻筋、鼻先など全体的に鼻の形を整える手術

小鼻縮小→小鼻のみを整える手術

鼻筋のみ、鼻先のみ

このように手術が分かれることが多くあります。

詳しくは、カウンセリング時に希望の手術や、理想にあった

手術を提案してくださいます😌

鼻手術の方法は?

鼻の手術は、大きく2つに分けることが出来ます。

その2つの手術についてご説明します😀

開放型鼻整形

鼻柱を切って鼻の構造物が見える状態で行う開放型鼻整形は、

構造物を直接見ることが出来る為、

手術方法が多様化する長所があります

ただ、鼻柱に傷跡が残る短所があります。

非開放型鼻整形

鼻の内側を切開する方法は、傷跡が外側に残らない長所があります。

しかし、視野が小さく一部のみ手術が可能なため、

シリコンを入れて鼻筋を高める手術などで活用できます。

注意しなければならない副作用は?

球形拘縮

球形拘縮は、シリコンなどの異物が入っていることで

生じる副作用です。

鼻の形が曲がって見える、変形する

鼻先が低くなるなどの副作用が現れます。

これは、シリコン挿入時に正しい位置に入っていても

時間が経つにつれてプロテーゼが下りてくることで起こります。

プロテーゼを一度取り除き、再度挿入する必要があります。

無菌性炎症

鼻先が赤くなる現象は、無菌性炎症と呼ばれ

皮膚が弱くなっているときに表れます。

傷跡が治る過程で、柔軟で類粒状の肉芽組織がありますが、

シリコンは細胞が結合できないため、肉芽組織による炎症が多く発生します。

この炎症が大きくなると、プロテーゼ周辺の皮膚が柔らかくなり、

プロテーゼが透けて見える副作用が発生しやすくなります。

初期は抗生剤治療が行われ、酷い場合はプロテーゼを取り除く治療を行います。

error: Content is protected !!