1. 頬骨縮小

頬骨が突出している場合、頬骨の骨切を行い、
内側に押し入れて幅を狭める手術。
ゴツゴツとした輪郭ラインが滑らかになるように整理して、
優しい印象ので立体感のあるフェイスラインを完成させる。

2. エラ張り

口の中の切開を通じて、耳の付け根のエラから顎先まで、
滑らかで長い曲線になるように四角い顎を切除する手術。
下顎が広く見える人にお薦め。

3. 顎先骨切術

T型、逆V字型、M型などの骨切方法を通じて
顎のラインを細面にする手術。
顎の方向や長さなどを調節して、
顔のエラ部分をVラインにすることが出来る。

4. 顎先形成術

プロテーゼ、脂肪、フィラーなどを使用して
顎先を形成する手術。

5. 両顎手術

上顎と下顎を正確な位置に矯正し、
正確な歯み合わせを回復させる事で、
審美的に美しい形に作る手術。

その他の手術

貴族手術

プロテーゼまたは自家軟骨を使用して、
ほうれい線の改善や凹み改善ができる手術。
ボリュームが生じて若く見える。

おでこのプロテーゼ

平たいおでこにプロテーゼを入れて、
ボリューム感をあげる手術で、
プロテーゼの形は個人別オーダーメイドができる。

固定ピンの除去

輪郭手術をしてから6ヶ月~1年後に除去できるが、
必ず除去する必要はない。CT撮影時、
見えるのが気になる方は除去手術の対象となる。

1. 頬骨縮小

頬骨が突出している場合、頬骨の骨切を行い、
内側に押し入れて幅を狭める手術。
ゴツゴツとした輪郭ラインが
滑らかになるように整理して、
優しい印象ので立体感のある
フェイスラインを完成させる。

2. エラ張り

口の中の切開を通じて、
耳の付け根のエラから顎先まで、
滑らかで長い曲線になるように
四角い顎を切除する手術。
下顎が広く見える人にお薦め。

3. 顎先骨切術

T型、逆V字型、M型などの骨切方法を通じて
顎のラインを細面にする手術。
顎の方向や長さなどを調節して、
顔のエラ部分を
Vラインにすることが出来る。

4. 顎先形成術

プロテーゼ、脂肪、フィラーなどを使用して
顎先を形成する手術。

5. 両顎手術

上顎と下顎を正確な位置に矯正し、
正確な歯み合わせを回復させる事で、
審美的に美しい形に作る手術。

その他の手術

貴族手術

プロテーゼまたは自家軟骨を使用して、
ほうれい線の改善や凹み改善ができる手術。
ボリュームが生じて若く見える。

おでこのプロテーゼ

平たいおでこにプロテーゼを入れて、
ボリューム感をあげる手術で、
プロテーゼの形は
個人別オーダーメイドができる。

固定ピンの除去

輪郭手術をしてから
6ヶ月~1年後に除去できるが、
必ず除去する必要はない。CT撮影時、
見えるのが気になる方は
除去手術の対象となる。